友だち追加

MENU

コラム

人材派遣の導入を検討している企業様必見!メリット・デメリット

2020.11.27

今まで求人広告等で自社雇用を進めてきたけれど、

最近なかなか採用活動が進められなくて、他の採用手法を検討しているという企業様向けに人材派遣についてご紹介いたします!

人材派遣の概要に関しては下記URLをご確認下さい。

 

「 オルタナティヴのサービス紹介_人材派遣に関して 」

 


 

【メリット】

 

①コストの削減

 

人材派遣サービスを導入すると自社雇用をする手間が無くなるため、下記の業務が削減される

 

 

・採用活動の募集・選考・採用などにかかる諸経費や、それに関わる業務負担・人件費負担

 

 

 

・給与計算や支払い、社会保険の加入等の労務管理の業務負担・人件費負担

 

 

 

②必要な時に必要なタイミングで人員補填が出来る

 

 

・採用活動をした結果、人員を当て込めなかった業種に対し効率的に確保が可能

採用難易度が高い職種も派遣可能。ご希望のスキルを伺ったうえでそれに沿った人員を派遣。

 

 

 

・欠員や休業をするスタッフが発生した場合、人を当て込むことが可能

産休・育休を取得している社員の穴埋め等、正社員を雇うまでもないけれど人員を欲している企業様にも対応可能。

ご希望のスキルに合わせて早急に人員を確保する。

長期契約も承っているが、有期雇用も可能な為、次の人員が確保出来次第、派遣スタッフの雇用を止めることも可能。

 

 

③業務効率の向上

 

 

・その分野に強い人員を入れることが出来る

社内でこれまでにやったことがない業務を始めなくてはならない場合、わかる人がいないために意外と手間取ってしまうことがある。派遣スタッフは基本的に実務経験者なので、実務に必要な基本ノウハウを持っている。人材派遣を活用すれば、社員だけで試行錯誤しながら進めるよりも効率的にノウハウを導入できるという利点もある。

 

 

 

・業務改善のきっかけとなる場合がある

派遣スタッフに仕事を引き継ぐ際には、どのような業務なのかを整理して、マニュアル化するといったプロセスが必要だ。この時に、これまで習慣的に行われてきた業務の無駄を発見できたり、改善のヒントが浮かび上がったりする。担当者にしかわからないといった属人性の排除にもなり、今後社内で業務を移管したりする場合にも効率化できる。

 

 


 

【デメリット】

 

①派遣にかかる費用が発生する

派遣会社に支払う金額は、自社雇用で労働者に渡すよりも金額は上がってしまう。

ただし、その費用の中には直接雇用の場合にはあまり意識されない、各種社会保険料(会社負担分含む)や福利厚生費、交通費の支払いも派遣費用の中に含まれている。また、採用コスト・労務コストを削減できることも含めて考えれば、必ずしも割高とはいえない。

 

②帰属意識が低い傾向がある

何年も同じ企業で働いている従業員と比べると、勤務期間が短く、かつ勤務期間が決まっている企業で働くとなると、思いが入りづらい可能性もある。また、帰属意識の薄い派遣社員による就業後の情報漏えいを心配する企業もある。情報漏えいを防ぐために、派遣社員受入れにあたって制度やルールを設けて対策を取るのも重要。また、壁を作らないためにも、勉強会や社内イベントなどの実施をすることによりこの傾向が軽減される。

また、派遣社員の中にも正社員と変わらずやりがいを持って働いている方々もいる。そのため、「派遣社員=帰属意識が低い」とみなして機会損失を招くことは、本人にとっても企業側にとっても不利益になってしまうことあるため、注意が必要である。




今まで求人広告等で自社雇用を進めてきたけれど、

最近なかなか採用活動が進められなくて、他の採用手法を検討しているという企業様向けに人材派遣についてご紹介いたします!

人材派遣の概要に関しては下記URLをご確認下さい。

 

「 オルタナティヴのサービス紹介_人材派遣に関して 」

 


 

【メリット】

 

①コストの削減

 

人材派遣サービスを導入すると自社雇用をする手間が無くなるため、下記の業務が削減される

 

 

・採用活動の募集・選考・採用などにかかる諸経費や、それに関わる業務負担・人件費負担

 

 

 

・給与計算や支払い、社会保険の加入等の労務管理の業務負担・人件費負担

 

 

 

②必要な時に必要なタイミングで人員補填が出来る

 

 

・採用活動をした結果、人員を当て込めなかった業種に対し効率的に確保が可能

採用難易度が高い職種も派遣可能。ご希望のスキルを伺ったうえでそれに沿った人員を派遣。

 

 

 

・欠員や休業をするスタッフが発生した場合、人を当て込むことが可能

産休・育休を取得している社員の穴埋め等、正社員を雇うまでもないけれど人員を欲している企業様にも対応可能。

ご希望のスキルに合わせて早急に人員を確保する。

長期契約も承っているが、有期雇用も可能な為、次の人員が確保出来次第、派遣スタッフの雇用を止めることも可能。

 

 

③業務効率の向上

 

 

・その分野に強い人員を入れることが出来る

社内でこれまでにやったことがない業務を始めなくてはならない場合、わかる人がいないために意外と手間取ってしまうことがある。派遣スタッフは基本的に実務経験者なので、実務に必要な基本ノウハウを持っている。人材派遣を活用すれば、社員だけで試行錯誤しながら進めるよりも効率的にノウハウを導入できるという利点もある。

 

 

 

・業務改善のきっかけとなる場合がある

派遣スタッフに仕事を引き継ぐ際には、どのような業務なのかを整理して、マニュアル化するといったプロセスが必要だ。この時に、これまで習慣的に行われてきた業務の無駄を発見できたり、改善のヒントが浮かび上がったりする。担当者にしかわからないといった属人性の排除にもなり、今後社内で業務を移管したりする場合にも効率化できる。

 

 


 

【デメリット】

 

①派遣にかかる費用が発生する

派遣会社に支払う金額は、自社雇用で労働者に渡すよりも金額は上がってしまう。

ただし、その費用の中には直接雇用の場合にはあまり意識されない、各種社会保険料(会社負担分含む)や福利厚生費、交通費の支払いも派遣費用の中に含まれている。また、採用コスト・労務コストを削減できることも含めて考えれば、必ずしも割高とはいえない。

 

②帰属意識が低い傾向がある

何年も同じ企業で働いている従業員と比べると、勤務期間が短く、かつ勤務期間が決まっている企業で働くとなると、思いが入りづらい可能性もある。また、帰属意識の薄い派遣社員による就業後の情報漏えいを心配する企業もある。情報漏えいを防ぐために、派遣社員受入れにあたって制度やルールを設けて対策を取るのも重要。また、壁を作らないためにも、勉強会や社内イベントなどの実施をすることによりこの傾向が軽減される。

また、派遣社員の中にも正社員と変わらずやりがいを持って働いている方々もいる。そのため、「派遣社員=帰属意識が低い」とみなして機会損失を招くことは、本人にとっても企業側にとっても不利益になってしまうことあるため、注意が必要である。

 

 

 

 

関連記事こちらの記事も合わせてどうぞ。

サムネイル(画像設定なし)

サムネイル(画像設定なし)

新着記事

カテゴリ

PAGETOP